市販

レーシック手術後のアイプチは危険について

近年では、整形手術をしなくても二重まぶたを手に入れることができるものとして、“アイプチ”という製品が登場しています。
一般に、ドラッグストアなどで気軽に購入することができ、糊状のタイプで直接まぶた同士をひっつけて二重を作り出すやり方や、シールを貼って二重のラインを作り出すやり方など、様々な角度から二重を作る製品が販売されていて、“アイプチ”とは特定の登録商標ですが、一般的には総合的にこう呼ばれることが多いものです。
若い女性の中には、これを化粧の一部として、外出の際には必ず行うという人も多く、もちろん一重の個性は大事にするべきですが、おしゃれの価値観は人それぞれですので否定はできません。

さて、この“アイプチ”ですが、眼に手術をするレーシックをした後でもできるのでしょうか。
これについては、結論としては、できなくなるわけではないといえます。
というのも、レーシックというもの自体の内容を理解してもらうと、その直後にまぶたを引っ張ったり、眼球に触れる危険のある行為は避けなければならないということがわかるからです。
レーシックは、角膜を薄く削り、フラップと呼ばれる蓋を作った上で、レーザーによってさらに角膜を削り、視力回復のための屈折に手をくわえた後、フラップで再び蓋をするという方法で行われます。
そこで、このフラップが大変重要で、ただ閉じられたのみでひっついていないという不安定な状態が手術直後のフラップの状態なのです。
そのため、眼をこすったり、触れたりしただけでフラップがずれ、シワができ、場合によっては再手術なんていう大事に至ることがあります。
つまり、“アイプチ”により、まぶたに触れ、眼球に圧力をかけ、負担になってしまう行為は非常に危険なのです。

しかし、個人差はありますが、およそ1ヶ月程度でこのフラップは安定すると言われています。
つまり、もしどうしても“アイプチ”を行いたいのであれば、1ヶ月後から始めることをおすすめします。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.