市販

レーシック手術後の太陽について

レーシック手術を受けた後から、太陽がなんだか眩しく感じるようになったという人や、太陽の光が明るすぎてギラギラして見えるという人がごく稀にいます。
こういった症状が必ずしも起きるというわけでなく、ほとんどの場合起こらないのですが、稀に起こりうることがある後遺症http://www.salmonfestival.net/7.htmlとして、知っておく必要があるのです。

この症状と同じような感覚のものとして、光がぼんやりとにじんで見える症状も起こりえるのですが、こちらの方をハロ、先ほどのをグレアといい、合わせてハロ・グレア現象と呼ばれる後遺症のことを指します。
この現象が起こる可能性があるため、当日の車の運転や夜間の運転を手術後は控えるように術前説明で指導されるほか、こういった運転をしなければならない職業の人はレーシック自体できないという可能性があるのです。

このハロ・グレア現象の原因としては、レーシックが角膜を削り、光の屈折異常を治すためにあります。
視力回復のために屈折異常が治ることで、光が本来の見え方をするようになり、視神経から脳に“まぶしすぎる”と認識されるということが原因の一つに考えられます。
さらには、レーシックにより角膜でフラップと呼ばれる蓋が作られるのですが、そのフラップが完全にくっついていない状態の時に目の中で光が乱反射を起こす場合があります。
これも、グレア現象を引き起こす原因として考えられます。

しかし、こういった原因による症状は、一ヶ月程度で落ち着く場合が多く、フラップが安定し、視力自体も安定することでほとんどの場合が改善されます。
それでもごく稀に、この症状が治らず、続く場合がありますが、太陽が眩しく見えすぎるという症状は日常生活にそれほどの支障はありません。
例えば、サングラスをかけるなどして対処することが可能だからです。
そのため、症状が改善されない場合には医師に相談することがおすすめですが、必ずしも再手術という方法を取るわけではないということの理解が必要です。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.