市販

レーシック手術後の市販の目薬について

レーシック手術を行った後、医師から1〜2週間ほどは専用の目薬を処方されます。
これには、術後の目をほこり等から守り、感染を防ぐ目的であったり、角膜が傷ついた状態を治す目的であったり、ドライアイになった目を潤す目的であったりと様々です。
術後、この点眼薬が染みるように感じる場合がありますが、それでも1週間は最低でもきちんとこの専用の目薬を使い続ける必要があります。
これを守らないと、ひどい感染症を引き起こしたり、角膜の状態が安定せず、思ったような効果が現れない場合もあります。

しかし、1週間ほど経てば、多くのクリニックでは市販の目薬に代えて、自分が慣れたものを使ってもいいと言われるようです。
これについては、1週間である程度角膜の状態が安定し、レーシックによって作られたフラップも、およそひっついた状態、つまり、傷が治った状態になる人がほとんどで、その後の感染症などはほとんど心配がなくなるからです。

ドライアイ専用の潤いを与えるタイプの目薬は、市販のものにも多く出ています。
しかし、これには防腐剤が入っているものがほとんどです。
この防腐剤は、特にレーシック後の目に大きな影響を与えるものではないので、基本的には入っているものでも大丈夫だとされますが、できれば、今後の目のためにも防腐剤の入っていないタイプを購入することをおすすめします。
また、疲れ目タイプのものについても同様のことが言えます。

ただし、花粉症などの人が利用する洗眼薬については、1ヶ月程度使用を控えることが必要です。
これは、まぶたと眼球を同時に洗浄する機能を持っているため、雑菌が入り込みやすくなってしまうためと言われます。
また、“クール”タイプのような爽快感をもたらすタイプの目薬は、より強く鋭い痛みを感じる場合が稀にあります。
それでも構わないという人であれば使用することが危険などというわけではないのでOKですが、できれば避けた方が無難かもしれません。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.