市販

レーシックは芸能人やスポーツ選手も受けている

裸眼生活ができるようになるレーシックですが、その利点を大変必要としているのが、芸能人やスポーツ選手かもしれません。
今のようにレーシックの手術費がわりと手の届く安価なものになる前から、芸能人やスポーツ選手は登場した画期的な視力矯正手術に対して積極的に利用しているのです。

まず、芸能人にとって視力がどう関係するのかです。
例えば雑誌やグラビアといったものに出る際の写真撮影の時、メガネはもちろん、コンタクトレンズを付けていても、カメラのフラッシュは乱反射する場合が多くあります。
つまり、まぶしすぎたり、視界が定まらないということが起きるのです。
一枚やそこらではわかりませんが、芸能人の場合何百カットという撮影を行うため、こういった症状は致命的です。
さらに、テレビがデジタル化され、テレビ自体の性能はどんどん上がり、かなり鮮明に綿密に芸能人を確認できるようになりました。
そのため、化粧はもちろん、眼球の中のコンタクトレンズまでも見えてしまうという可能性が高く、目の印象を大きく変えてしまうのです。

さらに、スポーツ選手にとっても視力は大変重要です。
特にサッカーなんていう激しい動きをする場合、コンタクトレンズを付けていては、汗で落ちたり、敵と接触した際に落ちたりする可能性があるほか、乾燥して見にくかったり、急な動きに反応できにくいことが多いのです。
そして、付け替えるなんていう時間もないので、そのまま試合を行わなければならないのです。

そんな苦労から解放され、裸眼で仕事に臨めるとあって、多くの女優やモデル、タレントをはじめとする芸能人や、サッカー、野球、ゴルフなどのスポーツ選手たちがこぞって手術を受けているのです。
そして、失敗例がほとんどないレーシックは、芸能人たちが受けて、さらに宣伝効果が高まり、一般人にとっても受ける決心を高めています。
つまり、芸能人にとっては、視力回復で仕事にプラスになり、レーシック業界にとっても飛躍を遂げる宣伝効果でプラスになるという相乗効果が働いているのです。
どんな著名人がレーシック手術を受けたのか知っているだけでも安心感が違うのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.