市販

レーシックの費用に関して

レーシック手術といっても、それにかかる費用はレーシックの種類やクリニックによっても異なり、10万円代から数十万円まで幅があります。
それは、レーシックが保険の適用にならない自由診療のためです。
かなり高額な費用にはなりますが、この費用だけで安いところで行うという判断は非常に危険があり、一度削ると戻らない角膜を考えると、クリニック選びは十分な検討が必要でしょう。

レーシックには、角膜のふたであるフラップの作り方によって種類分けがなされます。
最も古く、最も行われている種類のレーシックが、ケラトームレーシックと呼ばれるスタンダードな手術で、医師の手で行われるものです。
これが最も費用も抑えられ、安いところでは片眼8万円というところがあります。
つまり、両眼で20万円弱といったところです。

しかし、この場合は、医師の技術が大いに関係してくるため、人気や実績のあるクリニックを選ぶ人が多く、その場合手術費用ももう少し取っているところが目立ちます。
そのほうが安心できるというところもあるため、費用を惜しむより技術を取る人が多いのでしょう。
そして、もう一つの種類がイントラレーシックと呼ばれるコンピュータによって制御されたレーザーがフラップを作るという方法です。
感染症の心配もなく、精密度が高く、最近増えている術式になります。
これだと、医師の技術が必要ないため、安心度合いも高いですね。
しかし、やはり最新機器を使うため、費用は格段に上がります。
場合によっては従来のレーシックの倍以上かかるところもあります。

さらに、こういった金額が手術費用のみで、それまでの診察に1回5000円程度といった診察料を取られたり、その他薬代なども別請求といった内容のところも大いにあります。
もちろん、それも含めて一律としているところもあり、本当にクリニック毎に料金設定は異なるのです。
逆に言えば、クリニック毎にクーポンやキャンペーンなども行えるため、そういったものを利用することも可能です。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.