市販

レーシックの保険使用に関して

日本では、病気で病院へ行くと、健康保険証を提示することで3割負担の費用で済むという健康保険制度が適用されています。
これは、毎月一定の保険料を国に納めることで、医療機関に支払う治療費を軽減するという制度です。
しかし、これは、風邪などの病気の“保険診療”に当たる場合のみで、例えば美容整形などといった診療については、“自由診療”といって保険制度が適用されず、医療費をまるまる自己負担するようになっているのです。

そして、レーシックは自由診療のため、保険制度は適用されません。
そのため、治療費、手術費は全額自己負担です。
2000年に認められた当時よりは費用が抑えられ、およそ20万円前後が平均的になってはきましたが、それでもかなりの高額です。
その費用を補助してくれるような制度はほかにないのでしょうか。

そこで登場するのが、民間の生命保険です。
生命保険に加入していれば、手術をすると給付金を受け取れる手術給付金といった内容が組まれていることがほとんどです。
これにより、レーシックを受けた後、手術給付金として受け取れることが可能になるため、手術費用の3割負担とまではいかなくとも、補助にはなります。
金額は、およそ3万円〜10万円で、会社によってバラつきがあります。

しかし、これについては注意が必要です。
レーシックは、現在ではなんと50万件近くも行われるようになったメジャーな視力矯正手術です。
そして、患者はできるだけ費用を抑えたいと思うのが当然で、そのために生命保険に加入し、レーシックを受け、給付金を受け取ってすぐに解約するという方法を取る人が増えました。
こういった背景から、保険会社によってはレーシックを手術給付金対象外にしているという場合が増えているのです。
本当に対象かどうか、詳しい金額などもきちんと確認しておく必要があります。
また、レーシックの正式名称は「レーザー角膜屈折矯正手術」ですので、確認はこちらで行ってください。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.