市販

レーシックの麻酔に関して

眼の表面にある角膜をレーザー光線で削り取る、さらには薄く切ってフラップ(蓋)を作るなんていうことが目の前で行われるのがレーシックですが、そういった手術の際に麻酔はするのでしょうか。
もちろん、麻酔をしなければ痛みはものすごいことになりますので、行います。
しかし、注射麻酔を眼球にするわけにもいかず、そんなわざわざ痛みを伴うようなことは行いません。
レーシック手術で使用する麻酔とは、点眼薬になります。
つまり、目薬をさすだけでできる麻酔なのです。
そのため、全く痛みは感じません。
これはかなりのメリットですね。
外科手術を思えば、とんでもなく痛い注射麻酔も存在するからです。

それでは、その点眼薬による麻酔とはどのようなものでしょうか。
これは、手術の始まる前に数回に渡って点眼され、およそ10分程度で効いてきます。
この効果は1時間ほど持つといわれるため、手術中はもちろん、手術後に休憩していたら切れてくるという具合です。
これが切れた後の痛みには個人差がありますが、基本的にはないに等しいと思ってもいいでしょう。

この麻酔ですが、意識のなくなる全身麻酔と違って、いわゆる局所麻酔のようなものになりますので、手術中の意識ははっきりとあります。
つまり、眼にレーザーを当てたり、角膜を削っているということが見えてしまうということです。
これだけ聞くと、なんだか恐ろしいと感じてしまいそうです。
しかし、この処置については、かなりの至近距離で行われるため、視界をほぼ遮られて暗くなり、はっきりと見えるということはないと思って大丈夫です。
レーザーについては、緑の光が見えたりしますが、それによって不快になるというほどのものではありません。
このように、レーシック手術の間に意識があったとしても、何ら恐れるに値するものではないといえます。
それよりも、痛みを伴う麻酔によらないということの方がメリットとして大きいでしょう。
外科手術の一つではあっても、大きな違いとして挙げられることの一つです。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.