市販

レーシック手術後のマスカラについて

レーシックを受けると、手術当日やその後数日、1週間、1ヶ月と日常生活における行動を制限されることがあります。
その中に化粧もあり、女性にとっては死活問題だと感じるかもしれません。
化粧と言っても、ファンデーションや軽いメイクは、翌日からはOKになります。
眼に負担がかかることを考えて、マスカラやアイラインといったアイメイクについての制限が1週間という時間を要するのです。

これについては、メイクをする際に指が目に入って角膜を傷つけてしまったり、フラップをずらしてしまうという危険が伴うからという理由の他に、感染症予防という側面があります。
アイメイクに使用されているものから細菌が入ることで、結膜炎などを起こしてしまう可能性があるのです。

さらに、メイク自体に問題があるということではなく、洗顔が関係しているということもあります。
洗顔についても、1週間禁止されます。
しかし、この実情は、いわゆる洗顔が禁止であって、拭き取りの洗顔は翌日から可能になります。
つまり、ふき取りで落とせる程度のメイクであれば、翌日から可能だということです。
洗顔などによって水分が目に入ることがレーシック後に影響をもたらすため、同じように入浴やシャワーも首から下までという制限がつきます。
マスカラとなると、落とすのに拭き取りだけでは難しく、落とす際に異物が目に入る可能性も高く、押さえつけるという行為自体もフラップをずらしてしまう原因になりかねないので安定するまで控えるようにということなのです。

視力、ましてや目という生活に欠かせない部分の手術をするわけですから、その重大さをきちんと理解し、1週間程度のアイメイクhttp://www.gomusiclyrics.com/aimeiku.htmlを休んだところで比べるに値しないと思います。
裸眼で見える快適な生活で、つい忘れていつもどおりにメイクをしてしまいそうになるでしょうが、そこはきちんと自ら注意深く行動し、最悪の結果を生まないような努力が必要なのです。
そんなことでせっかくのレーシックをふいにしてしまうなんてことにしたくないですから。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.