市販

レーシック手術後の目薬がしみる理由

レーシック手術を受けた後、ほとんどの場合で1週間前後分の点眼薬を処方されます。
これは、術後のドライアイ予防で感染を防ぐ目的のためであったり、結膜炎などの感染症予防のためであったりと、とても必要なもので、一日に数回さすよう指示されますので、忘れないようにします。

しかし、この点眼薬が非常に染みるということが人によってはあります。
この痛みには個人差はありますが、虫さされに薬を塗ったら染みることや、傷口を消毒したら染みるのと同じように、角膜を削っているため、その部分がいわゆる傷と同じことなので染みるのです。
この痛みについては、だいたいの場合が2、3日で落ち着き、1週間程度でなくなると言われますが、稀に最も遅い人で1ヶ月程度まで落ち着くまでにかかる場合もあります。

この痛みがあまりにもヒドイ場合には手術をしたクリニックに問い合わせ、検査をし、場合によっては再手術ということもありますが、ほとんどの場合で問題なく経過観察ということになります。
つまり、レーシックを受けることによる症状の一つであると考えて良さそうです。

ただし、この痛みが耐えられないからといって点眼を勝手に辞めてしまうことだけはしないようにしなければなりません。
なぜなら、最初に述べたように、この点眼薬は感染予防の一つでもあります。
ドライアイなどは市販の点眼薬でも可能ですが、市販のものには防腐剤が入っているためそれによる感染がないとも言い切れません。
つまり、点眼を辞めたり、市販のものに変えてしまうと、結膜炎などの感染症を引き起こし、場合によっては失明に至る可能性も否めません。
そんなことになったら、レーシックで視力回復をするためが、大手術をしなければならなくなったという結果に終わってしまうなんていうことになりかねません。
そのようなことは避けたいですよね。
そうであれば、医師より処方された点眼薬はきちんと処方を守ってさし、染みるなどの症状に異常を感じた場合はすぐに相談するということを行いましょう。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.