市販

レーシックのメリットについて

メガネをかけている人にとって、その日常生活における不便さは並々ならぬものがあるのではないでしょうか。
スポーツをする際には障害になってしましますし、汗で滑る、視界が狭い等々のほか、ママにとっては子どもに壊される一方でしょう。
また、コンタクトレンズであっても様々な不便さはあります。
きちんとケアをしないと眼球に傷が入ってしまったり、ドライアイになったりするほか、プールなどでは必ずゴーグルが必要になったりします。
そして、コンタクトレンズ自体にかかる費用は、およそ3ヶ月に5000円前後しますし、ケア用品も必要なため維持費もかかります。
レーシック、コンタクト、メガネそれぞれの特徴についての記事も参考にご覧ください。

そこで、今話題のレーシックです。
これは、手術により、裸眼での視力を矯正してしまえる画期的な手術で、具体的にはレーザーで角膜を削ることで矯正するという方法になります。
このレーシックには、メリットがたくさんあるのです。

まずは、やはりメガネやコンタクトを付ける必要がなく、裸眼で生活をすることができるようになるということです。
視力が低下し、ずっとメガネやコンタクトの生活を送ってきた人にとっては、それだけでかなりのメリットでしょう。
そして、その視力回復は手術後すぐに現れ、手術時間はなんとたったの15分程度で、入院の必要もないということです。
また、点眼麻酔により、手術中の痛みはほとんど感じません。
手術後の視力回復により、矯正用具にかかる費用がなくなることを考えると、手術にかかる費用の方がかなり安価となる可能性の方が高く、生命保険などに加入している人であれば手術代もカバーできる可能性から、さらに費用を抑えることもできるのです。

たった15分の手術で、不自由のない裸眼生活を手に入れることができるということで、芸能人を始め、多くの著名人も受けているのがレーシックなのです。
心配される災害時などにメガネを探す必要がないので安心できますね。
スポーツだって思う存分できます。
検討してみる価値はあるでしょう。
気になるレーシックで失敗の詳細についても参考にご覧ください。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.