市販

レーシックの年齢制限について

視力回復術として今特に話題になっているレーシックですが、どんな年齢の人でも受けることができるのでしょうか。
例えば、高校生や老眼が進んだ高齢者が手術を受けることも可能なのでしょうか。
レーシックの年齢制限についてみてみます。

レーシック手術自体の基準としては、18歳以上の人であれば年齢制限はクリアすることになります。
つまり、18歳未満についてのみレーシックが受けられないという年齢制限事項があるのです。
これは、眼の成長に関係しています。
眼も体と同じように成長する機関であり、その成長によって視力の安定に関係したり、角膜についても成長が安定しなければ手術の結果に大きく関わってきます。
そのため、成長段階である18歳未満については安定した結果を得られないため、手術を行うことはできないと決められています。
18歳以上についても、20歳までは親権者の同意を得た上で行うという条件が付きます。

それでは、18歳以上であればどんな人でもできるかというと、そうでもありません。
レーシック手術は、角膜を削る内容になるため、ある程度厚みのある角膜でないと手術をすることができません。
また、老眼が始まっている人は視力回復の結果をうまく得ることができないため、受けることができない場合が多いです。
つまり、医師の判断によって断られるというケースも大いにあるのです。
実際、40歳代でも老眼が始まっているためにレーシックを受けられないという場合も見られるほか、18歳でも角膜の厚みがまだ十分にないので断られたというケースもあります。

基本的には20歳〜50歳で受ける人が集中しており、できる可能性も高いのがこの年齢幅の間になっています。
そして、安定的なのは、30代で、受ける人が最も多いのがこの年代です。
眼の成長は20歳で止まり、そこからおよそ10年で安定します。
そして、視力に関しても、生活環境により異なりますが、落ちるにしても一旦安定するのが30代だと言われます。
つまり、回復に最も効果が出る年代だと言えるかもしれません。
気をつけたいレーシックの健康被害や後遺症についての記事は必見です。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.