市販

レーシック手術完了後の注意点について

素早く終わる手術ですが、それでも外科手術には変わりなく、特にレーシックの場合、すぐに使わなければならない眼に関するものなので、手術後にしてはいけない注意が必要なことがたくさんあります。
大切な眼を守り、レーシックを成功で終わらせるためにも、医師から注意される事項をしっかりと把握し、守ることが大切です。

手術後にしてはいけない主なものとして、まず当日にしてはいけないことは、眼に負担がかかりそうなことは全てと思ってもいいかもしれません。
洗顔や洗髪、入浴は、1週間後からにしましょう。
それまでは、脱脂綿等で清潔に保ったり、美容院などでの仰向けでの洗髪などを利用します。
シャワーについても、当日はできるだけ避け、翌日から首から下であれば気をつけて利用できます。
また、女性の場合は、翌日から化粧をしなければならないということがありますが、アイメイクについては1週間後から行うようにします。
また、テレビやパソコンなども当日は控えます。
家事も同様です。
飲酒については1週間程度、喫煙については3日目までは控えます。

そして、汗が目に入る可能性や、異物が目に当たる可能性を考えられる激しいスポーツや運動は視力や角膜が安定する1ヶ月程度はしないようにしましょう。
軽い汗をかく程度のジョギングやヨガなどは2週間後から行えます。
また、気をつけなければならないのが車の運転で、当日はもちろん、最低でも3日間は視力や光の具合が安定しないこともあり、負担をかけないようにするためにもしないようにしましょう。
4日目からも、十分に注意して行うようにします。

さらに、目をこするという行動は作ったフラップがずれる可能性がありますので、1週間程度は気をつけてしないようにします。
フラップが安定しないからです。
そのため、花粉症の人については、その時期を避けてレーシックを行うことが賢明でしょう。
また、市販の点眼薬については1か月後から使用できますが、処方される感染予防の点眼薬やドライアイの点眼薬などもある場合、併用してもいいかどうか医師との相談が必要です。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.