市販

レーシックの失敗に関して

自分の眼に外科的処置を行うため、レーシックを受けたことで失明したり後遺症が残ったりという失敗があるのではないかという不安は誰しもが抱くと思います。
そして、特に命に関わる病気を治すための手術ではなく、あくまで自由選択できる手術のため、こういった失敗を恐れてなかなか踏み切れないという人が多いのも事実です。
それでは、レーシックは失敗するのでしょうか。

この失敗といっても、レーシックによって失明したというケースは現在までに世界中一度も報告されていません。
つまり、その点については心配ないと言えるかもしれません。
しかしながら、劣悪なクリニックを選んでしまったがために多くの感染症患者が出たという報道が少し前にあったり、後遺症に悩まされているといったようなネット情報が錯乱していたりと、情報を鵜呑みにして不安を募らせている人も多いでしょう。

実は、レーシックによって視力が回復するということを成功とするならば、95%の人が1.0、平均的には1.65という視力を手にしています。
それでは、残りの5%の人は失敗しているのかというと、確かに一度の手術では近視の具合によって視力が思うように回復しなかったというケースに当たりますが、その後の再手術で1.0に達したというケースがほとんどなのです。
つまり、視力回復の成功率は非常に高く、基本的には安全性の高い手術だと言っていいのです。

しかしながら、レーシックによって術後半年〜1年程度は後遺症と呼ばれる症状がいくつか発生するという可能性があります。
具体的には、ドライアイ、ハロ・グレア、過矯正、不正乱視というものが代表的です。
ドライアイhttp://masonmurer.info/doraiai.htmlはコンタクトレンズにおいても引き起こされる症状なのでわかりますが、レーシックによって涙の分泌が制限されることにより乾燥が起こります。
また、ハロ・グレアとは、光がぼやけたり明るく見え過ぎたりという症状です。
過矯正や不正乱視といった症状は、ごく稀にそれこそクリニックや医師の技術不足などによって起こる可能性があるものです。
つまり、後遺症のない実績のあるクリニックを選ぶことで避けることがほとんどでき、症状が現れたとしても数ヶ月程度で改善することが多いといえます。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.