市販

レーシックを受ける際の注意点

レーシックは、とても簡単で素早く終わってしまう手術ですが、それでも外科手術であることに変わりはありません。
そのため、手術前には様々な注意が必要です。
以下のようなことに気をつけて、手術に対して万全な体制を取ることが必要です。

まず、基本的なことですが、体調管理には十分に注意しましょう。
日頃からの不摂生を正すことはもちろんですが、前日の体調管理は特に大切です。
短い手術とはいえ、角膜を削る重大な手術です。
そのため、しっかりと体調を整えておき、体の負担を軽くする必要があるのです。
また、コンタクトレンズで生活をしていた人は、ハードであれば一週間、ソフトであれば3日ほど前から使用を中止します。
これは、角膜の状態を自然な状態に戻すためのようです。
そして、術後の感染予防のため、前日は必ず入浴するようにします。
同じように、当日のメイクや整髪料なども感染予防のため禁止されます。
このように基本的ではありますが、何点か注意できることを挙げました。

これとは別に、手術を受けること自体に関する注意事項というものもあります。
そもそもレーシックを受けるということについて、医師と十分に話し合うことが必要なのは、そういった注意事項があるからです。
角膜というものは、一度削ると元には戻りません。
そのため、成功率が100%ではない以上、レーシックを受けたことで起こりうる後遺症や合併症などについてのリスクについても十分に理解しておかなければならないということです。
レーシックによって起こる可能性があるものとしては、ドライアイが最も高い可能性があり、わりと長期間持続することがよくあるようです。
また、稀に不正乱視などの症状も出ることがあります。
これは、矯正目標をあまり高く設定しないことで避けることもできるようなので、1.0を目指すなどといった工夫も効果的です。
軽い近視は、今後の老眼の際に有効に働きますので、そういった考え方もできます。
いずれにしても、医師との十分な検討のうえ、行うことが必要でしょう。

Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.