市販

噂のレーシック難民の詳細

レーシックを受けようと思っている人は、少なからず自分でも情報を集めようとするでしょう。
その際に必ずと言っていいほどに出てくる言葉として、“レーシック難民”というものがあります。
これは一体どのような人のことを言うのでしょうか。

そもそも、レーシックだけに限らず、外科手術であれば必ずリスクというものが伴います。
しかし、そのリスクについては医師から十分な説明がなされ、それに同意した上で行うという過程があります。
レーシックの場合にも、ごく稀に起こりうる症状として、様々なリスクを事前に説明されます。
角膜というものは非常に個人差があるもので、全く同じ技術で、もしくはコンピュータ制御された状態で手術を行ったとしても結果や後遺症などの症状が異なるのです。
そのため、本当にごく稀ではありますが、レーシックによって引き起こされた後遺症と呼ばれる症状が出る場合があるのです。

そういった症状が出た人が、事前に説明を受けて同意したということのために、それ以上の診療を受けられず、というよりも後遺症について点眼薬程度の治療しか手の施しようがないという回答をされたという状態を“難民”と呼んでいるのです。
具体的な後遺症とされるものとしては、不正乱視、ドライアイ、ハロ・グレア、脳圧上昇といったようなものが代表的にあります。
大抵の場合は、これらの症状が出ても、角膜が安定し、落ち着いてくると改善されるのですが、稀に長期間このままの症状が続くということも起こりうるのです。
これに対して再手術を行うという選択肢もありますが、角膜の状態によっては再手術を行えない場合もありますので、そうなると、点眼薬のみのち療法になるのです。

しかしながら、こういったケースはごく稀で、いかにも増えているかのように情報が流れている“レーシック難民”という言葉についても、そこまで不安を感じることはありません。
レーシックは、クリニック選びを十分にし、医師ときちんと診察や相談を通して、万全の体制で望めば、とても安心で安全な手術なのです。


Copyright(C) 2013 視力を支える施術 All Rights Reserved.